長時間の有酸素運動は太りやすくなる?

ダイエットの時にやる運動といえば、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動をイメージする人が多いでしょう。
ジムに行くとジョギングコーナーやエアロバイクコーナーは人気ですよね。

でも、有酸素運動って長時間やると太りやすくなるって知ってましたか?
たしかに一定時間を超えると脂肪燃焼を始めるので、いかにもダイエット向きかと思いきや・・・。

今回は有酸素運動を長時間やるとなぜ太りやすくなるのか、ダイエットに向いた運動は何かについて書いていきます。

有酸素運動はなんで太りやすい体になるの?

多くの方がダイエットをするときには有酸素運動を取り入れますよね。
有酸素運動を始めて20分程度は血中の脂肪や糖を使いますが、それを超えると体の脂肪を燃焼し始めることからダイエットにいいと思っていることでしょう。

有酸素運動はちょっとやるだけでは効果が出ないので、大体の人が1時間前後はやるのではないでしょうか。

たしかに有酸素運動は体脂肪を燃焼しますが、長時間やると筋肉も分解し始めます。
そのため筋肉が細くなり、一見体が引き締まったように見えますが、これは間違いです。

長時間の単調な運動(刺激)では筋肉も大きくならないので、基礎代謝もどんどん落ちていきます。
この状態で有酸素運動によるダイエットをやめると、摂取カロリーは変わらないのに消費カロリーは落ちるのでよけいに太りやすくなるのはイメージできると思います。
その結果、有酸素運動をやめたとたんにリバウンドしてしまうわけです。

つまり長時間の有酸素運動は、太りやすい体を作っていることになります。
ただ有酸素運動もうまく取り入れると、ダイエットに効果的なのは間違いありません。

では、どのように取り入れるかについて書きますね。

ダイエットにオススメの運動って何?

ダイエットに向いている運動といえば、ウエイトトレーニングです。
それはなぜかというと、筋肉量が増えると基礎代謝が上がるからです。

特にビッグスリーと言われる胸・背中・足の筋肉を鍛えることで、より効率的に痩せやすい体を作ることができます。
ライザップをはじめとするパーソナルトレーニングジムで、「ダイエットをしたい」といえば、たいていの場合は食事とこの3つの筋肉を鍛えるように言われるはずです。

そして筋トレのいいところはトレーニングによって刺激を加えた筋肉が回復している間も代謝が良くなることです。
大体その期間が2~3日なので、週に2回もトレーニングをすれば十分というところも魅力です。

さらに体脂肪を落としたいのであれば、ウエイトトレーニング後に有酸素運動を取り入れることです。
トレーニング後、すぐに体脂肪が燃焼する状態なので30分程度でも十分に効果が出るはずです。

有名な筋トレユーチューバーのKTMさんも減量期にはこの方法を取り入れています。
意外なほど筋肉ってつきにくいので、「太くなるのはいやだ!」と思っている人は安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です