朝ラーならぬ朝トレはかなりオススメ!

ラーメン屋の開店時間って、だいたい11時くらいからですよね。
それよりも早い時間に開店しているお店もありますが、それくらいの時間のところが多いと思います。
私の住んでいるところは朝ラーという習慣が一部で流行っていて、早朝から開店しているラーメン屋が多いです。

ラーメン好きでダイエットしている身にはかなり危険な習慣です。
朝のおなかが空いているときににおいを嗅いだら・・・。

っと朝ラーはおすすめできませんが、朝トレは個人的にかなりおすすめです。

私の仕事はけっこう体力を使う仕事なので、仕事から帰ってきたときにはかなり疲れています。
そんな状況の中でなかなか気分が乗らずに、お酒を飲んでさぼってしまったなんてことがあるんですね。

そこで始めたのが朝トレです。
体力を使う仕事なのに、朝から筋トレなんかしたら仕事に支障が出るんじゃないの?と思うかもしれません。
会社でも「えっ!?朝から筋トレしてきたの??(・・バカだな、コイツ)」と言われることも。

しかしですよ、実際には1日調子よく仕事ができる日が多いんです。

まずは朝起きてから筋トレすると、しっかりと目が覚めるというのがメリットですね。
やっぱりギリギリまで寝てたりすると、午前中ぼーっとしていることもあります。
でもしっかり体を動かすことによって、シャキッとするので気分がいいですね。

次に朝に筋トレをすることによって、帰ってきてからできなくてもあまり罪悪感がないです。
やっぱりメニューを決めているのに、それができないと罪悪感があるんですよ。
これは人によるかもしれませんが。
朝の時点でそれが達成できていると、その日の仕事にも集中できますね。

あとは帰ってきてからよりも、体力があるので質の良い筋トレができる・・・気がするw
やっぱりヘトヘトの状態での筋トレはキツイんですよね。
いま、朝起きてからプロテインとかサプリを飲んで、ちょっとのんびりしてから筋トレという感じでやっています。

筋トレも習慣付いてきているので、自分にはこれはあっているなと思っています。
やっぱりはじめはどうやって筋トレを習慣づけるかといういうのが大事なので。
体力的に余裕が出てきたら、朝と夕でメニューを分けてもいいかなと思っています。

というわけで、個人的に朝トレはかなりおすすめです!

長時間の有酸素運動は太りやすくなる?

ダイエットの時にやる運動といえば、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動をイメージする人が多いでしょう。
ジムに行くとジョギングコーナーやエアロバイクコーナーは人気ですよね。

でも、有酸素運動って長時間やると太りやすくなるって知ってましたか?
たしかに一定時間を超えると脂肪燃焼を始めるので、いかにもダイエット向きかと思いきや・・・。

今回は有酸素運動を長時間やるとなぜ太りやすくなるのか、ダイエットに向いた運動は何かについて書いていきます。

有酸素運動はなんで太りやすい体になるの?

多くの方がダイエットをするときには有酸素運動を取り入れますよね。
有酸素運動を始めて20分程度は血中の脂肪や糖を使いますが、それを超えると体の脂肪を燃焼し始めることからダイエットにいいと思っていることでしょう。

有酸素運動はちょっとやるだけでは効果が出ないので、大体の人が1時間前後はやるのではないでしょうか。

たしかに有酸素運動は体脂肪を燃焼しますが、長時間やると筋肉も分解し始めます。
そのため筋肉が細くなり、一見体が引き締まったように見えますが、これは間違いです。

長時間の単調な運動(刺激)では筋肉も大きくならないので、基礎代謝もどんどん落ちていきます。
この状態で有酸素運動によるダイエットをやめると、摂取カロリーは変わらないのに消費カロリーは落ちるのでよけいに太りやすくなるのはイメージできると思います。
その結果、有酸素運動をやめたとたんにリバウンドしてしまうわけです。

つまり長時間の有酸素運動は、太りやすい体を作っていることになります。
ただ有酸素運動もうまく取り入れると、ダイエットに効果的なのは間違いありません。

では、どのように取り入れるかについて書きますね。

ダイエットにオススメの運動って何?

ダイエットに向いている運動といえば、ウエイトトレーニングです。
それはなぜかというと、筋肉量が増えると基礎代謝が上がるからです。

特にビッグスリーと言われる胸・背中・足の筋肉を鍛えることで、より効率的に痩せやすい体を作ることができます。
ライザップをはじめとするパーソナルトレーニングジムで、「ダイエットをしたい」といえば、たいていの場合は食事とこの3つの筋肉を鍛えるように言われるはずです。

そして筋トレのいいところはトレーニングによって刺激を加えた筋肉が回復している間も代謝が良くなることです。
大体その期間が2~3日なので、週に2回もトレーニングをすれば十分というところも魅力です。

さらに体脂肪を落としたいのであれば、ウエイトトレーニング後に有酸素運動を取り入れることです。
トレーニング後、すぐに体脂肪が燃焼する状態なので30分程度でも十分に効果が出るはずです。

有名な筋トレユーチューバーのKTMさんも減量期にはこの方法を取り入れています。
意外なほど筋肉ってつきにくいので、「太くなるのはいやだ!」と思っている人は安心してください。

あっ!ダイエットにはご褒美も大事・・・と思うw

タイトルの通り、やっぱりダイエットって楽じゃないので目標を達成した時のご褒美って大事だと思います。

やっぱりモチベーションも上がりますからねー。
できれば、いつまでに何キロ痩せるとかって公言した方が逃げ場はなくなるので気合が入りますよw

ちなみに私の場合には、ちょっと狙っている子がいて、その子と海水浴に行く約束をしているんですよ。
海パン姿だと、好きな子にだらしのない体はさらけ出せないですからね!
あとは彼女、体型がすごくいいんですよ。
やっぱり並んだ時にポッコリおなかだと恰好がつかないじゃないですかw

もちろん、彼女にはダイエットするというのは言ってあります。
「じゃあ、私もダイエットしなきゃ^^」とか言ってましたけど、体型がいい子に言われるとめちゃくちゃプレッシャーです。
というか、プレッシャーを掛けられたのかもしれませんが^^;

私はご褒美をこんな感じに設定しました。
あとは小さい目標とそのご褒美も決めてて、その一つがラーメンですね。

例えば、1日の目標カロリーが1500kcalで、その内、炭水化物が〇g・・・というのを1週間続けたら、ラーメンを食べてもいいとか。
それがお酒だったり、甘いものだったり、ダイエットに大きな影響が出ない範囲でご褒美を決めています。

ストイックにやれば、痩せるのも早いとは思いますが、誰しもそんなに強い意志は持てませんよね。
ぶっちゃけ自分はボクサーとかボディービルダーのようなストイックさは絶対にムリです。
そこまでいくと、ホントに体を鍛えることが生活の中心になっちゃいますからね。

かんたんには痩せることってできないですが、だからこそたまにはストレス発散の意味でご褒美が必要かなと思いますよ。
もしダイエットでし続けているという人は目標を決めるのも大事ですが、達成したらご褒美を決めてみてください。
目標の程度に合わせたご褒美(もちろんダイエットに大きな影響が出ない)を決めたら、続けやすいじゃないでしょうか。

空腹での筋トレは逆効果?

ダイエットを始めてから2週間が経ちました。

体重も3キロ落ちて、おなか回りもかなりすっきりしてきました。
運動不足だったので、はじめたときは自重トレーニングでも結構きつかったのですが、だいぶ慣れてきましたね。

来月は給料が入ったらダンベルを買おうと思っています。
自重トレーニングでもある程度は負荷を掛けれるのですが、やはりダンベルを使った方が負荷を与えられますからね。
あとは部分的に鍛えることもできるのでオススメです。

今回はタイトルにもある通り、空腹時にトレーニングをやってはいけない理由について書いていきます・。

 

空腹でトレーニングをやってはいけない理由とは

よく食事をした直後にトレーニングをしてはいけないというのは容易に思いつきますよね。
理由は気持ち悪くなるからw
まぁ、それだけではないのですが、それは後で書きますね。

逆に空腹時にもトレーニングをするのはお勧めできません。
それはなぜかというと、筋肉の分解が促進されるからです。

トレーニングには多くのエネルギーが必要になりますが、空腹時にはそのエネルギーが足りません。
その結果、筋肉を分解してエネルギーに変えます。

せっかく筋肉を太くしようとトレーニングをしているのに、これでは意味がありませんよね。
ちなみにこの分解を抑えてくれるのが、このブログでも何回も紹介しているHMBです。
今回はHMBの話ではないので、ここでは書きませんが。

 

トレーニングする日のベストな食事時のタイミングはいつ?

じゃあ、トレーニングをする時はいつ食事をすればベストなのか?気になりますよね。

だいたいトレーニングを行う2時間くらい前がいいと言われています。
プロテインだったら1時間前くらいでもOK!

何でこのタイミングに食事をとるのかというと、消化に時間がかかるからですね。

胃の中に食べ物が入ると消化のために血液が胃に集まります。
トレーニングをするときには全身に血液を送ります。
しかし、トレーニング直前に食事をするとどちらにも中途半端にしか血液を送れないわけです。

その結果、トレーニング効果も不十分、消化も不十分となります。
これでは効率よく体を作ることができないのは想像通りです。

あとトレーニングが終わったら、30分以内にプロテインか食事をとると、効率的に栄養を吸収できます。
トレーニング直後はかなりエネルギーを使っているので、その分吸収も早いです。
逆にこのタイミングで栄養を摂らないと効果も半減するのでもったいないですよね。

とはいっても、普段の生活でベストなタイミングでの食事って、なかなか難しいですよね。
そのため各メーカーからいろいろなサプリメントが出ています。

おすすめなのがプロテインとマルトデキストリンという糖質ですね。

プロテインは言うまでもないと思うので、ここでは説明を省きます。

マルトデキストリンは摂ると運動に必要なエネルギーをスッと吸収できるので、パワーも出るし、筋肉の分解もされないので質が良いトレーニングを行うことができます。
またトレーニング直後のエネルギー補給やプロテインのとの組み合わせもよいので持っておくと便利です。

サプリには頼らないっていう人は、バナナとかおにぎりでももちろんいいです。
ただ30分ってあっという間に過ぎてしまうので、あらかじめ準備しておくといいと思います。