プロテインは魔法のサプリメントじゃない!ビルダーが飲むのは・・・

HMBにしても、プロテインにしても誤解されている感じがあるのですが、飲んだだけで体型が変わるというような魔法のサプリではありません。

以前にも書いていますが、目に見えて筋肉をつけるためにはハードなトレーニングと質の良い食事、サプリが必要です。

ましてや、女性は筋肉がつきにくいので、それこそ「もう、無理無理!!」というくらいやってもいいくらいです。
ダイエットをしてメリハリがある体を手に入れたいなら、女性こそ筋トレした方がいいと思っています。

逆に有酸素運動はおすすめできませんし、食事制限だけのダイエットなんかもってのほかです。

そして、筋トレをやったら30分以内に炭水化物とたんぱく質を摂るのは言うまでもありません。
俗にいうゴールデンタイムってやつですね。
ここを逃すと、あまり筋トレやる意味がないくらいに思ってもいいかもしれません。

この時間にたんぱく質メインの食事ができればいいですが、時間的に厳しい場合がありますよね。
そんな時に重宝するのがプロテインです。

プロテインはその名前の通り、ただのたんぱく質です。
肉や魚と違うのは、カロリーが低めで、よけいな脂質や炭水化物が入っていないということです。

プロテインを飲むと太るなんて言う人もいますが、これが分かればそんなことはないのはわかると思います。
ただカロリーは多少あるので、普段の食事にプラスすれば、その分は上乗せされます。
なので、プロテインのカロリーを考えて食事はとる必要があります。

とはいっても、増量用のプロテインでなければ、1杯あたり大体150Kcalくらいだと思います。
メーカーや用途によって異なるので、一概には言えませんが。

こういったイメージがあるのは、やっぱりムキムキのボディービルダーがプロテインを飲んでいるのが頭にあるのかなと思います。

ハードな運動した後に食事なんて作れないし、ジムだとそこで食べるわけにも行かないですよね。
それに食べれるところに移動しようにも、シャワーを浴びたり、着替えたりしてからとなると30分くらいあっという間に過ぎてしまいます。

そんな時にプロテインパウダーとシェイカーがあれば、トレーニング後すぐに飲める。
ボディービルダーがプロテインを飲んでいるのは手軽に場所を選ばずに飲めるからです。

サプリメントを水やお湯以外で飲まない方がいい理由

よく風邪薬とかって、お茶で飲んじゃダメだって言いますよね。
あれって、サプリメントでも同じなの知ってました?

何となく一緒に飲んじゃいけないというのを知っていても、何で飲んではいけないのか知っている人は少ないと思うので、今回はこの話について書いていきます。

サプリメントって、いろいろありますよね。
私もそんなに詳しいわけではないので、鉄分のサプリメントを例に話をしていきたいと思います。

鉄分は体に酸素を運ぶ赤血球の元となるミネラルで、体には必要不可欠なものです。
鉄分は貧血の予防やスタミナアップに期待できると言われていますね。
以前の記事でも取り上げたクラチャイダムゴールドにも鉄分が豊富に入ってますよということで、販売ページで推されています。

そんなわけで鉄分サプリはサプリの中でも男女問わず人気の商品のようです。

そんな人気商品の鉄分サプリですが、注意したいのが飲み物。
鉄分はお茶やコーヒーと一緒に飲むと、その吸収を妨げられます。
これはお茶やコーヒーに含まれる渋み成分のタンニンとくっついて、吸収されにくい物質に変わるためです。
つまり、お茶やコーヒーと一緒に摂ったために変質してしまったというわけです。

鉄分サプリと摂ってはいけない飲み物は他にもあって、それは牛乳です。
牛乳に含まれるカルシウムも同じように吸収を妨げる物質に変わると言われています。

これはほんの一例ですが、お茶やコーヒー、その他の飲み物にはいろんな成分が含まれています。
その中でどの成分とサプリメントの成分が結びつき、吸収を妨げる物質に変わるか分かりません。

またメーカーとしても、どの飲み物だったら一緒に飲んでもいいと書くのも面倒ですよね。
そのため、水やお湯で飲むことをすすめているわけです。
これが一番間違いがないですし、日本であればたいてい水は手に入りますからね。

もしサプリメントを水やお湯以外で飲んでいて、何の変化も感じないという人はぜひ水かお湯で飲んでみて下さい。

サプリメントは飲むタイミングが大事

医薬品であれば、1日〇回、食後に△錠など、どのタイミングでどれくらい飲めばいいかということが分かります。
それに比べて、サプリメントは医薬品とは違って明確な効果が出るというものではないので法律上、明記することができません。
しかし、例えば血糖値を上げないためにサラダから先に食べるなど、食事と同様ベストな摂取のタイミングはあります。

今回はサプリメントを飲むタイミングについて書いていきます。

サプリメントは基本的に胃腸の働きが活発になる食後に飲むのがベストなタイミングです。
空腹時に飲むと胃が荒れたりすることもあるようです。

ただし、以前に記事にも書いたように鉄分はカルシウムと摂ると吸収されにくいということもあるので事前に調べておく方がいいと思います。

ちなみに鉄分サプリは乳製品や豆腐などカルシウムを多く含む食事でなければ食後でもいいですが、もしそのような食事を摂った場合には時間をおけばOKです。

プロテインなどアミノ酸系のサプリメントは、食事に含まれるたんぱく質の方から先に吸収されるので、食前の方がいいです。
ただプロテインは飲むとけっこぷおなかが膨れるので、少食の人は食事の前はやめた方がいいかもしれません。

このようにサプリメントによって最適なタイミングがあるので、飲む前にネットなどで調べてから飲むようにしたいですね。

HMBのステマに騙されるな!マッチョになるためには・・

この前、どこのメーカーのHMBを紹介しているサイトだったかは忘れたのですが、面白いサイトを見つけました。
まー、面白いというか、完全にやっちゃいけない感じなのですが・・・。
こういうサプリを紹介するサイトって、実際に飲んだ人の口コミを紹介していることが多いです。
たいていのサイトは紹介料欲しさに、ウソの口コミとか実際の口コミを盛ったりするんですよ。
それくらいならまだいいんですが、その紹介サイトはその上を行っていましたw
口コミのところに使う写真がほとんど有名筋トレ系ユーチューバーだったんです。
これにはさすがに驚いたというか、唖然としましたねww
HMBサプリのターゲット層が運動が苦手な人や筋トレ初心者なので、分からないと思ったのか、あるいはリスティング広告だったのでクレームが来たらすぐに削除するつもりだったかは分かりません。
ブックマークしていれば、ここで晒したいくらいですw
それくらい面白いサイトでした。
もし見かけたら、今度こそブックマークかスクショしておきますね。
今回はちょっと誤解されている感があるHMBについて書いていきます。

HMBのステマに騙されないで!マッチョになるためには努力は必要!!

プロテインにしてもHMBサプリにしても、興味がない、もしくはなかった人にとっては魔法のサプリに思われている感があります。
だから、飲むだけでマッチョになれるというイメージを持つ人が多いのかなと。
私の周りにも「プロテインって、飲むとマッチョになるんでしょ?」みたいなこと言ってくる友人もいます。
でも、良い体を維持している人はかなりの努力をしています。
もちろん、表ではそういうところを一切見せない人もいますが。
ユーチューバーで言うと、くそしばさんがいい例かなと思います。
くそしばさんは食べるのが大好きで、脂っこいものとかラーメンとか結構食べています。
けっこういい加減なキャラに見えますが、実は裏で相当な努力をしているはずです。
そうでないと、あれだけの重量は挙がらないですし。
増量期でもけっこう腹筋も見えますからね。
何の話か分からない人はくそしばさんの動画を観てみてください。
筋トレに興味がある人なら楽しんで見れると思うので。
ただ、たまに冗談でウソを言う時もあるので注意が必要です。
他の筋トレ系のユーチューバー、例えばカネキンさんとかカトちゃんさんあたりを観てもらえるとどれくらい努力しているかわかるかなと思います。
話が少しそれましたが、細マッチョにせよ、ゴリマッチョにせよ、相応の努力が必要ってことです。
サプリメントを飲んで細マッチョになれるんだったら、世の中、体型で悩む人っていなくなるはずです。
実際にはそんなことなくて、高いお金を払ってライザップとか行くわけですよね。
しかもキッツイ糖質制限とトレーニングをして、理想(?)の体型を作っていくわけです。
冷静に考えるとHMBがどれだけ優れていても、飲んだだけでマッチョになるわけがないとわかりますよね。

サプリメントは効果を出すための補助的役割

じゃあ、HMBサプリを含めてサプリメントは効果がないの?というとそういうわけではありません。

サプリメントは当たり前の話ですが、あくまでも補助食品。
しっかりとしたトレーニングと食事があって、はじめて効果があるものです。
もちろん、どの程度の体型を目指しているかにもよりますが。
ちょっとでも痩せればいいくらいに思っている人なら、HMBを飲むだけでも効果を実感できるかもしれません。
でも、腹筋が見えるくらい(腹筋を割る)の良い体型というと、おなかに浮き輪がある人には厳しいですね。
HMBは筋肉を作ったり、トレーニングよって筋肉が減っていくのを防止するのが主な働きです。
筋肉は刺激を与えないと大きくならないですし、筋肉量が増えないと基礎代謝も上がりません。
つまりは運動、要するに筋トレをして飲まないと効果を感じにくいわけです。
ただ運動不足の人や筋トレ初心者の人が飲むサプリとしてはオススメということには違いがありません。
だからこそ本場のアメリカでも人気のサプリメントですし、日本でもいろんな販売店から商品が出ているわけですから。
これから暖かくなってきて、露出が増えますよね。
男性にとっていい体が最高のファッションだと思います。
HMBを飲んで筋トレをしていい体を作っていきましょう。

精力サプリのクラチャイダムゴールドって、トレーニーのサプリとしてもいいかも

ここのところ、ブログとか読んでいると広告欄にある精力サプリが出てくるんですよ。
クラチャイダムゴールドとかいう精力サプリなんですが・・・。

始めは全然気にもしていなかったんですが、やっぱり30歳過ぎてくるとねぇ・・・・
朝、元気がなかったり、彼女とイチャイチャしているときにしぼんじゃったり(;’∀’)
20代のころはそんなこと想像もできなかったのですが・・・、歳月とは残酷なものです。

それでちょっと広告ページを見てみたんですよ。
クラチャイダムゴールドって、クラチャイダムっていうショウガの仲間の植物を乾燥させて、粉末にしたものをカプセルに入れたサプリメントらしいです。
精力サプリって怪しげな材料を使っているっていうイメージだったので、ちょっと意外でした。

クラチャイダムゴールドの効果としては、疲れが残りにくく元気になる。
あと勃起不全の改善にも期待できるんだとか。
まあこれだけだと、たいして興味を持たなかったかもしれませんが、クラチャイダムの成分がトレーニングする人にとっても有効なものが含まれていたんですよ。

ボディビルダーのサプリメントとしておなじみのアルギニン、BCAA

アルギニンもBCAAもアミノ酸の一種で筋肉を作るために必要な成分です。
アルギニンは血流を良好にしてくれるので勃起不全に効果が期待でき、BCAAはスタミナアップに期待ができるので、衰えを感じる中高年の方は特に意識して摂取したいですね。

2つともアミノ酸なので食事からでも摂取できるのですが、炭水化物中心の食事が多いと言われる日本人は不足しがちなので、サプリメントから補給する方が楽でいいと思います。

やはり年齢を重ねていくとたんぱく質が豊富な肉類を毎日摂るというのはなかなか厳しいですからね。

脂肪燃焼の効果があるショウガオール

ショウガ科の植物ということで脂肪燃焼効果があると言われているショウガオールも含まれています。

筋肉の合成・分解予防に必要なアミノ酸と脂肪燃焼作用があるショウガオールで引き締まった体を手に入れたい人にもいいかもしれませんね。

あと冷え性って女性特有って感じがしますが、意外と男性も多いらしいです。(自覚していない隠れ冷え性も含む)

疲れやすかったり、気力が出ないなどの症状があったら冷え性のサインかも。

冷え性を放っておくと、壮年性脱毛やEDの他にも病気の原因にもなるので注意が必要ですね。

スタミナアップには欠かせない鉄分

貧血予防には鉄分を摂るのが良いって言われていますが、それは鉄分が体中に酸素を運ぶ赤血球の元になるから。

体の中のミネラルで最も多いのが鉄分というところからも、人間にとっていかに大事なものかということが分かります。

クラチャイダムはそんな鉄分をほうれん草の19倍も含んでいます。

鉄分が不足すると赤血球の数が足りず、体中に十分な酸素がいきわたらなくなります。その結果、だるさを感じたり、スタミナ不足を感じたりします。

ショウガオールとともに疲れやすい、スタミナが足りないと感じる人にはぜひとも摂取したい栄養素ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

クラチャイダムには他にも、アンチエイジング効果があるポリフェノールなど、特に30代超えた男性にうれしい成分がたくさん含まれているようです。

筋肉の合成・分解を防ぐアミノ酸が豊富に含まれており、スタミナアップに必要なショウガオール、鉄分も含まれています。

体型が気になるって中高年の方には結構よさそうなサプリメントだなって思いました。

HMBが配合されているサプリが流行っているけど、効果あるの?

最近、HMB配合のサプリメントが流行っていますね。

商品の販売ページを見るといかにも細マッチョになれそうな感じで煽ってきます。
しかーしですよ、これで楽して細マッチョになれるのであれば、高い金額出してコミットする必要はないわけです。

ただHMBに効果がないと言っているわけではなく、むしろ正しく摂取すれば効果はあります。
というのも、もともとはアメリカから日本に入ってきたHMBですが、様々な研究が行われており、その効果が広く認められている成分なんです。

ちゃんと効果が認められている成分なので、かんたんにかっこいい身体が手に入るようなイメージをさせるような販売ページは正直もったいないなって思います。

そもそもHMBってどういう成分なの?

HMBとはかんたんに言うとアミノ酸から生成される物質です。
だからプロテインからも摂取できますし、肉や魚からも摂取できます。

ただ問題になってくるのがその量ですね。

たんぱく質を構成するアミノ酸の中にロイシンという成分があるのですが、これを分解してできるのがHMBという成分です。
このHMBは摂取したロイシンのたったの5%しかできないんです。

1日に摂取するHMBの最適な量である3gを摂取するためには、ロイシンを60g摂る必要があります。

たんぱく質が分解されるとペプチドになり、そこから分解されたものがアミノ酸です。
そのアミノ酸の1種がロイシンなので、HMBを1日3g摂取するのは途方もないことだというのがお分かりいただけるかと思います。

ちなみにHMB3gはプロテイン20杯分に相当するみたいですね。
お肉だと何キロも食べなければいけない計算になります。

それはさすがに量的にもコスト的にも無理がありますよね。
だからサプリメントで摂った方が圧倒的に楽なんですね。

HMBはただのサプリメント

よく「プロテイン飲むとムキムキになるから飲みたくない」って人がいます。
これは結論から言うと全くの誤解です。

プロテインを日本語に訳するとたんぱく質。
そうプロテインパウダーやサプリはただの高たんぱく質食品なんです。

例えば、鶏むね肉は高たんぱく、低脂質、低カロリーですが食べただけでムキムキにはなりませんよね。
それと同じでプロテインは飲んだだけではムキムキにならないのは理解できるかと思います。
もちろんHMBもアミノ酸の一種であるロイシンが分解されてできる成分なので、飲んだだけではムキムキにはなりません。

やっぱり細マッチョでもマッチョを目指すにしても、筋肉をつけて脂肪を落としたかっこいい体にしたいのであれば、多少は筋トレも必要になってきます。
筋トレ後に飲むサプリとしてはHMBは優れたサプリメントであることには違いありません。

結論としては、楽して細マッチョになりたいという人にはHMBでは効果を感じることはほとんどないでしょう。
逆にこれから運動をしながらボディメイクをしたいという人にはおすすめのサプリメントだと思います。